「中国のマサチューセッツ工科大学」と呼ばれる清華大学 研究室の映像解析技術を活用したキャッシュレス決済ソリューションです。ショーケース内で販売される商品の出し入れの映像をケース内に設置したカメラで取得し、人工知能(AI)を用いた技術により自動的に検知・認識します。通常の自動販売機とは違い、商品の形状や種類に関係なく、様々な商品を取り扱うことが出来ます。また、販売データを蓄積することで、売れ筋商品の分析、在庫消費予測などのマーケティングデータとしても活用することができます。

  • 機能
  • 仕様
  • 利用イメージ
  • 利用シーン

決済

  1. PickShopに貼付されたQRコードをスキャンし扉を開錠します。
  2. 購入したい商品をPickShopから取り出します。複数取り出したり1度取り出した商品を棚に戻すことも可能です。
  3. 商品を取り出し扉を閉めると、自動的に決済が完了します。

カメラセンサー

上下2台のカメラセンサーで、商品の出し入れの瞬間を映像で捕らえ、事前に登録した商品の映像データと照合し、AIが最も近似した商品を判別します。

大型モニター

筐体上部のモニターは、決済画面の表示だけでなくプロモーションビデオなども流せるため、陳列している商品の購買意欲を高める効果があります。

型番  M3-AI-VM-410CL
総容量 410L
有効内容積 393L
材質 (外装)パウダーコーティング
(内装)プレコートスチール
3重ガラス スイング扉
棚枚数 4枚
冷却方式 間冷式(ファン式)
定格電圧 AC100V
定格電流 4.5A
定格周波数 50/60Hz
消費電力 (50Hz)350W
(60Hz)380W
外形寸法 幅675mm x 奥行615mm x 高さ2,145mm
重量 110kg

 

マイクロマーケット

オフィスやマンションなど立ち入りが制限されたエリアで、飲料、食品、日用品など異なる商品を組合せることで、小さな無人コンビニとなり一般的な自販機との差別化が図れます。利用者様にとっては、混雑時のレジやエレベータ待ち回避による時間の有効活用、利用しやすい福利厚生などのメリットが生まれます。

サンプル提供

これまで、有人で行っていたサンプル提供をAI自動販売機が行います。メンバーカードをかざして扉を開錠させることにより、性別や年齢の属性データを取得することができ、これまでより精度の高いマーケティング活動が実現できます。また、新たな体験の提供による来店促進効果も狙えます。

オフィス

カップ麺、菓子、栄養補助食品など

マンション

飲料、調味料、日用品など

学習塾

お菓子、カップスープ、文具など

ホテル

飲料、おつまみ、日用品など

スポーツジム

栄養補助食品、飲料など