「中国のマサチューセッツ工科大学」と呼ばれる清華大学 研究室の映像解析技術を活用したキャッシュレス決済ソリューションです。ショーケース内で販売される商品の出し入れの映像をケース内に設置したカメラで取得し、人工知能(AI)を用いた技術により自動的に検知・認識します。通常の自動販売機とは違い、商品の形状や種類に関係なく、様々な商品を取り扱うことが出来ます。また、販売データを蓄積することで、売れ筋商品の分析、在庫消費予測などのマーケティングデータとしても活用することができます。

  • QRコード決済に対応
  • 冷蔵対応
  • 映像技術を採用しているため商品へのタグ付け不要
  • BOX内のレイアウトは自由に変更可能
  • 一度に複数の商品取り出しも可能
  • 利用イメージ
  • 利用シーン

手順1

お客様は、タッチパネルの「OPEN」ボタンをタッチします。

⇒電子ロックが解除され、扉が開きます。

手順2

お客様は扉を開き、欲しい商品を手に取ります。気に入らなければ棚に戻します。

手順3

購入したい商品が決まったら、扉を閉めます。

⇒扉を閉めると、タッチパネルにQRコードが表示されます。LINE Payアプリを立上げQRコードを読み取ると、決済が終了します。

オフィス

  • お菓子
  • 軽食
  • 弁当
  • 飲料
  • 事務用品

<ポイント>
福利厚生・働き方改革

マンション

  • お菓子
  • 軽食
  • 酒類
  • 調味料
  • 日用品

<ポイント>
付加価値・満足度向上

学習塾

  • お菓子
  • 軽食
  • 文房具
  • 飲料
  • 栄養剤

<ポイント>
時間効率・利便性

ホテル

  • お菓子
  • 軽食
  • つまみ
  • 酒類
  • お土産
  • 下着
  • アメニティ

<ポイント>
顧客満足、話題性

スポーツジム

  • 健康食
  • プロテイン
  • テーピング
  • スポーツ用品

<ポイント>
顧客満足・話題性