スマートオフィス『Cloom(クルーム)』

人・モノ・空間を繋ぎスマートオフィスを実現する、クラウドサービスです。クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」及び統合型セキュリティプラットフォーム「Verkada」と連携し、スマートオフィス化を推進するクラウドサービスです。スマートオフィス化によりオフィスの困りごとを解決し、業務効率化・生産性の向上や働き方の多様化を支援します。

 

で提供するスマートオフィスとは

スマートオフィスで実現できること

①社員の所在確認

Wi-Fiに接続したPC、スマートフォンの位置情報を利用

➡フリーアドレスでも、社員の所在を把握できます!

 

②会議室の有効利用

Outlookカレンダーの会議予約情報を取得し、 IoTセンサーを会議室に設置することで、会議室の利用状況・利用率や空予約の状況を可視化​

➡会議室を有効活用!

 

③ネットワーク稼働状況​を把握

無線LANアクセスポイントのクライアント接続数・チャネル利用率・信号強度・データレート・レテンシーなどのデータから無線LANの稼働状況を可視化

➡アクセスポイントの稼働状況を把握し、最適化!

 

④空間の環境指標を計測

環境センサーにより、オフィスの温度・湿度・二酸化炭素・騒音を可視化

➡働きやすいオフィス環境をサポート

 

⑤オフィスの混雑状況を把握

カメラの人数カウント機能により、執務室や会議室の人数を可視化

➡いつ・どこに人が集まりやすいのかを把握し、オフィスのレイアウトを最適化

 

⑥従業員のアクセスログを把握

入退室とPC及びスマートフォンの無線LANアクセスログを可視化し、従業員の利用状況を可視化

➡人事担当者は、勤怠の打刻時間とオフィスの在社時間との差を容易に把握

 

構成イメージ

クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」及び統合型セキュリティプラットフォーム「Verkada」と連携し、APIで取得した情報からスマートオフィス機能を提供

 

* Outlook、Teams は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
* Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。

 

 

利用イメージ

①社員の所在確認

Wi-Fiに接続したPCやスマートフォンの位置情報を利用し、オフィスにいる社員の所在を可視化します。フリーアドレス化しても社員の所在を容易に把握できます。

 

②会議室の有効利用

Outlookカレンダーの会議予約情報を取得し、 IoTセンサー(ドア開閉センサMT20、ボタンセンサMT30)を会議室に設置することで、会議室の利用状況・利用率や空予約の状況を可視化します。会議室に不足がないか、会議室の最適化に役立てられます。

 

 

③ネットワークの稼働状況

アクセスポイントのクライアント接続数・チャネル利用率・信号強度・データレート・レテンシーなどのデータから無線LANの稼働状況を可視化します。アクセスポイントの稼働状況を容易に把握し、最適化に役立てることができます。

 

 

④温度・湿度・二酸化炭素・騒音

環境センサーにより、オフィスの温度・湿度・二酸化炭素・騒音を可視化します。
現在のオフィスの温度・湿度や二酸化炭素濃度が把握可能です。

 

⑤オフィスの混雑状況

カメラの人数カウント機能により、執務室や会議室の人数を可視化します。統計データから、いつ・どこで人が集まりやすいのかを把握し、オフィスのスペースプランニングやレイアウトの最適化に役立てることができます。

 

⑥従業員のアクセスログ

社員の入退室アクセスログとPC及びスマートフォンの無線LAN接続ログを可視化し、従業員の利用状況を可視化します。人事担当者は、勤怠の打刻時間とオフィスの在社時間との差を容易に把握できます。