コンテンツへスキップする。

Home  > 沿革

沿革

1950
1952
設立(土木建設機械の輸入・販売)
米国バロース社(現ユニシス社)と日本総代理店契約
1960
1963
ニューヨーク・デトロイトに米国オフィスを開設
日本初OCRシステムを販売開始
1965
機械営業部を分離し、(株)シー・エス・シーを設立
1968
米国MDS社の日本総代理店として日本MDS(株)を設立、日本で初めてキー・ツー・テープ入力装置を紹介
1969
米国チェシャー社のラベリングマシンを販売開始
米国ジンマーマン社のFA機器を販売開始
1970
1970
米国センソマチック社(現タイコ・エレクトロニクス社)の商品監視システムを販売開始
米国ジョナサン社のスライドレールを販売開始
自社で開発製造した、日本初の漢字情報システム(TK4100)、ミニコンピュータ(TK70)、POSシステム(TK300)を発表
1971
計算センター高千穂コンピューターセンター[ティー・シー・シー(株)]を設立
スイス・カーン社の自動封入封緘システムを販売開始
半導体を販売開始
小型潜水艦輸入
1973
漢字情報営業部門を分離し、昭和情報機器(株)を設立
高千穂バロース(株)[現ユニシス(株)]を設立
EDP部を分離し千代田情報機器(株)[現(株)アイティーフォー]を設立
1974
米国ナショナル・セミコンダクター社の半導体を販売開始
1975
米国コーディックスのデータ通信システムを販売開始
1979
米国モ二テック社の工業用計測機器を販売開始
MICR印字機(TK6000)、病院用POS(TK300-H)、キャッシュディスペンサー(NAT1000)を発表
ユニシアジェックス社(現日立ユニシアオートモティブ)のガススプリングを販売開始
1980
1981
日本で初めて音声認識装置の販売開始[米国センチグラム社製]
1982
TIDEXデータエントリーシステムを開発・販売開始
1983
日本初。アナログ音声をデジタル化するデジタル電話販売開始
1984
米国オフィスをサンフランシスコに移転
1985 ジェイエムイー株式会社の株式を取得
1986
米国GE社(現ハリスセミコンダクター社)の半導体を販売開始
1988
オランダ・トーマスレグー社製スライドレールを販売開始
米国テレビット社のモデムを販売開始
米国ACT社(現クラレント社)のマルチメディア多重化装置を販売開始
1990
1990
米国テレネックス社(現インレンジ社)のマトリックス・スイッチング・システムを販売開始
米国ベーダム社のASIC半導体を販売開始
米国商務省より通商貢献企業として認定される
1991
米国アトメル社の半導体を販売開始
スイス・べリン社(現サスパ社)のムーブテック・エルゴノミックス・システムを販売開始
米国ネトリックス(現nsgdata.com社)社の統合スイッチング・システムを販売開始
1992
米国トライデント社の画像処理用半導体を販売開始
米国バロア・エレクトロニクス社製LAN用製品を販売開始
ドイツ・ステインコ社製キャスターを販売開始
1993
英国PFE社の自動封入封緘システムを販売開始
通産省より貿易貢献企業表彰を受賞
1994
米国カーク・ルディー社との共同開発「定形外・和封筒用封入封緘機」を販売開始
米国ハイパーコム社と提携、CAT端末を販売開始
イスラエル・サイテックス社のインクジェットプリンターを販売開始
1996
ドイツ・サスパ社の油圧緩衝機器を販売開始
エントリーシステム部門を分社化し、高千穂ユースウェア株式会社を設立
1998 米国フェアチャイルド社の半導体を販売開始
イスラエル・ラッドウェア社のWEBサーバーロードバランサーを販売開始
1999
米国アンプリファイネット社(現 高千穂交易)の帯域制御システムを販売開始
2000
2000
シスコシステムズ社販売店プレミアパートナーに認定
ジャスダック上場
2001 TAKACHIHO KOHEKI(H.K.)LTD.設立
米国コスモコム社の次世代CIMプラットフォームを販売開始
米国アギア・システムズ社の通信用半導体を販売開始
米国ウォッチガード・テクノロジーズ社のブロードバンド向け高速VPN機器を販売開始
米国ヴァンガード・マネージド・ソリューションズ社と代理店契約締結
東北営業所を仙台市に開設
米国ルミネント社の光通信機器向け半導体を販売開始
2002 米国ヴァンガード・マネージド・ソリューションズ社製品の販売につき5社とパートナー契約を締結
米国ネオテリス社(現ジュニパーネットワーク社)の汎用ブラウザを利用したリモートアクセス機器を販売開始
メーリングシステム事業を分社化し、高千穂コムテック株式会社を設立
株式会社エスキューブ(旧クボタセキュリティ)の株式を取得
2003 企業ネットワーク向け不正アクセス予知サービス『TK-SOC』を開始
ISO14001認証取得(東京本社・大阪支店・名古屋支店)
米国ノウルズ・エレクトロニクス社の小型シリコンマイクロフォンを販売開始
米国タイコ社のドアフレーム埋め込み型商品監視システムを販売開始
英国ウォルフソン社のアナログ・デジタル・ミクスドICを販売開始
高千穂交易(香港)上海駐在員事務所を新設
2004 ISO14001認証取得(国内全事業所)
東京証券取引所市場第二部上場
流通小売業向け「万引きリスク軽減コンサルティング」サービスを開始
米国カイオニクス社製MEMSセンサーの発売開始
2005 ストアーマネジメントのASPサービスを開始
東京証券取引所市場第一部指定
スイス・ビブリオテッカ社製RFID図書館管理システムを販売開始
2006 ISO9001認証取得(全事業所)
日本初、低周波無線方式の電子棚札システムを販売開始
米国ベイティブ・テクノロジーズ社製HDMIレシーバーチップを販売開始
小売店舗向け内部不正対策 デジタルビデオレコーダー「Smart-DVR」の販売開始
2007 ISO14001高千穂交易グループ統合認証取得
バリオプティック社製液体レンズを販売開始
提凱貿易(上海)有限公司を設立
2008 サイバー・ソリューションズ社イントラネットセキュリティシステムを販売開始
米国メディアファイ社携帯向けフルセグテレビ放送受信用LSIを販売開始
2009 VASCO Data Security Japan社ワンタイムパスワード製品を販売開始
米国メソッドエレクトロニクス社ラミネート・バスバー製品を販売開始
2010 2010 業界最小・最軽量クラスのスライドレール「TKマイクロレール」を販売開始
米国ワイスプライ社チューナブルRFデバイス製品を販売開始
米国ゼットスケーラー社SaaS型Web&メールセキュリティサービスを販売開始
米国サンドナイン社超小型「温度保障型MEMS発振器」を販売開始
米国インターリンクエレクトロニクス社「FSR®感圧センサー」を販売開始
2011 チェックアウトマネジメントシステム「IQレーン」の販売を開始
Takachiho Fire,Security & Services(Thailand)(旧 Tyco Fire,Security & Services(Thailand) )の株式を取得 
「ISO27001」を国内全事業所で認証取得
2012 マイティカード株式会社の株式を取得 RFID関連ビジネスを本格的に開始
2013 メラキ社製クラウド型無線LAN装置の販売開始
アナログ・デバイセズ社の指定販売代理店として活動開始
2014 Guardfire Limited 及び Guardfire Singapore Pte. Ltd. の株式を取得
2015

次世代型店舗入店カウンターシステム「Gazelle(ガゼル)」の販売開始

Takachiho America, Inc. を設立

2016

米国サウスコ社アクセスソリューションの販売開始

2017

株式会社S-Cubeとマイティカード株式会社を合併し、マイティキューブ株式会社に社名変更