店舗向け情報配信サービス
『EMLINX(エムリンクス)』 導入事例

 

EMLINXとは、小売店向け盗難被害情報の緊急通報システムです。

企業間において防犯情報を迅速に展開することで、

万引などの店舗犯罪を未然に防ぐクラウド型サービスです。

情報の蓄積や分析を可能とし、万引以外の事案(詐欺・不審な点のある買取など)にも広く対応しています。

個人店舗も加盟可能で企業間・業界を超えて店舗犯罪の情報を共有できます。

 

 

① EMLINX運用前と運用後で何か変化はございましたでしょうか?

連続窃盗犯、詐欺犯などがエリア内の複数店舗に出入りしていたタイミングで、目新しいシステムということもあり以前よりも情報に敏感になったと思います。

今までも、社内用の連絡ツールで盗難情報等は流していましたが、危機意識を継続的に持つことに関しては、他社(事案)が増えてくれば今よりEM/エム アラート(速報メール)回数も上がってくると思うので、さらに意識が高まると思います。

② EMLINXを運用してみて有意義だと思われる点、また実際に問題解決できた事

被害店舗の把握が画面上でしやすく、店舗の危機意識も高まりやすい、警察にも他店の被害状況を合わせて伝えやすく連携をとりやすい。

エリアで出没していた窃盗犯も来店した際にスムーズに警察を呼べましたし、実際、使い始めて4か月でEMLINX情報から3件逮捕に至りました。

③ 本部担当者として運用する際の注意点や気付きなどがあればお願いします

(矛盾しますが)本来は使わないのが一番の理想なので、被害が少ない・気づかない店舗は、どうしても操作やログインに疎くなりがちです。

また、どうしてもパソコン操作自体に苦手意識を持つ人がいるのも事実です。そういった人、店舗にどう関心を持ってもらうかが一番大変だと思います。

④ EMLINXを他社に勧めたいと思いますか?また、何故そう思われますか?

勧めたいと思います。

案件が集まれば集まるほど、ただの数字や文字の羅列の集計から、分析へと変化させられる。その分析から次の一手や効果的な対策を導き出せたり、商品開発につながる可能性も高まると思います。傾向が見えてくることが大切だと思います。

導入企業紹介

 

株式会社イシグロ様

1952年創業、釣りを中心としたアウトドアレジャー産業の中でも「遊び」にクローズアップした事業を展開し

釣りの愉しさを提供。現在では静岡県・愛知県・岐阜県・滋賀県など東海地方を中心に25店舗の直営店を

展開する釣具の大型チェーンストア運営会社。

本社 〒430-0907 静岡県浜松市中区高林4-8-13

https://www.ishiguro-gr.com/

 

EMLINX製品ページへ